チラシ印刷業者は冊子印刷も発注できて事業から同人作成まで対応

カラープリンター

注意点を理解しておく

丁寧な電話対応で安心できます。チラシ印刷の料金が安いので、コスト削減することが可能です。リピート率が高く高評価の業者ですよ。

可愛い看板や卓上カレンダーを購入してみましょう。お店で使える木で作られた味のあるデザインが豊富に選べますよ。

冊子印刷の特徴について

冊子印刷とは印刷した複数の紙(ページ)を糸や針金、糊で綴じ表紙を付け加工する印刷です。その行程を冊子印刷と呼びます。比較的少ないページの冊子は針金を使った中綴じ方式が多いです。開いた状態の重ねた紙を中央で止めて折り、製本します。週刊誌、カタログやパンフレットなどによく使われております。冊子印刷を発注する際、DTPデータで注意する点はデザインを見開きで作っても印刷する際には製本してページが順番になる様にしないといけません。紙を2つ折りにして重ねて行き真ん中で閉じるので印刷用語で「面付け」という作業が必要です。印刷業者さんで面付けをしてもらう方法もありますが、印刷通販では多くが面付け入稿を求められます。通販サイトからフォーマットデータを入手し貼付ければ面付けデータが完成されます。注意する点はページを間違えない様にすることです。

知っておくと良い知識

冊子印刷に関して注意する点は間違いの無いDTPデータを作るということです。冊子のデザインが作成出来たら、プリントして製本し確認しましょう。知っておくと良い知識として、針金や糸で閉じた中綴じ製本のほかに無線綴じという方法があります。糊で本の背を固めて閉じる方法です。糸も針金も使いません。具体的な例として、一般的なノート(糸の中綴じ)、ヤングジャンプやヤングマガジン(針金の中綴じ)、週刊少年ジャンプ(糊付けの無線綴じ)となります。身近で有名なものを上げましたが制作する際に参考として本屋さんで確認したりすると良いでしょう。冊子製本の知識として知っておくことでより自分の希望に合った冊子が作成出来ることでしょう。

広告の費用というものは、できるだけ安く収めたいと考えますよね。チラシ印刷に関しても、比較して安い会社を探すことが重要になっています。

オリジナルの卓上カレンダーを制作しませんか?低価格で請け負ってくれますので是非コチラの業者に依頼しましょう!

綴じ方の違い

冊子印刷をチラシ印刷業者などに発注するときには、冊子の根幹ともいえる綴じ方を理解しておきたいところです。無線綴じや中綴じなどの違いがわかっていると、コストや品質、使い方などを的確かつスムーズに選択できます。

Read More...

スピードに自信あり

冊子を印刷できる業者の自慢ポイントに、対応スピードの早さを含めないわけには行きません。コンビニ印刷ばかりではなく、専門業者の印刷技術にも注目すれば、自分で冊子作成をより高品質に行えてスピード対応が実現します。

Read More...

スポット量産で使える

冊子の印刷はオンデマンド印刷を利用できるため、専門業者に相談するのが最も早い解決策です。製版しないから安く提供できるという魅力を最大限享受できる、スポット量産の小ロット冊子印刷はとても有用です。

Read More...
このエントリーをはてなブックマークに追加